箱や付属品はとっておく

ないと価値を下げる可能性があるもの

ブランドのバッグや時計があります。プレゼントや贈答などで手に入れる時もあるでしょうが、多くは自分が使うために購入をして手に入れるでしょう。その後大事に使い、使わなくなったときに買取を検討するようになります。使ったものとはいえ、せっかく買い取ってもらうならできるだけ高く買い取ってもらいたいです。まず本体がありきですが、それ以外にもあるのが当たり前のものがあります。これがないと物が新品のようにきれいでも価値を下げる可能性があります。メーカーの保証書があるならないと価値が下がります。その他、時計のベルトであったり、バッグに付属している物などもないと価値が下がります。不要だと思っても残しておいた方がいいでしょう。

あると価値を上げてもらえる可能性が出てくる

ブランド物は中古でも欲しい人がいます。新品のように高く買い取ってもらうのは難しいですが、人気があるものなら新品に近い買取をしてもらえる時もあります。きれいな状態であれば、買取店の最高買取金額付近での買取が可能になります。この時に、本体以外にも用意しておかないといけないもの、あるなら用意した方がいいものがあります。あるといい物として箱があります。箱があると、買取店がより販売しやすくなります。商品を裸で売るよりも価値が上げられるので、通常の買取額よりアップしてもらえるかもしれません。さらにあるといいのが買ったお店の袋です。ブランドが入っている袋だけでも価値があるので、その分をプラスファーで評価してもらえます。